KetaPay |ケタペイ

なるべくクレカに頼らないキャッシュレス生活を紹介!

6gram VISAリアルカードレビュー!Kyashの代わりになるのか?

この記事をシェアする


f:id:keta_rpsr:20210627085041p:plain

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

先日6gramのリアルカードについて記事を書きましたが

keta-rpsr.com

 

先日やっとリアルカードが到着しました!


f:id:keta_rpsr:20210627100209j:imagef:id:keta_rpsr:20210627100241j:image

まさか普通郵便で来るとは思いませんでした ^^;

てことで早速使ってみたので

今回レビュー記事を書いてみました!

 

リアルカードの使い勝手はどう?
800円(発行代)だす価値はあるの?

 

という疑問を解消する手助けになれればうれしいです

 

ちなみに僕の意見としては800円出してまで発行しなくてよかったということです

 

 

 

完全ナンバーレスのスケルトンデザイン

ミクシイの「6gram」、透明なVisaリアルカード - Impress Watch

画像:6gram

 

6gramのリアルカードといえばやはりこのスケルトンデザインですね

 

カラーバリエーションはオレンジ、ブルー、ピンク、ブラック

 

しかも表裏の両面にカード番号、セキュリティコード、有効期限に記載がありません

裏面に署名欄があるだけです

最近クレジットカードのデザインで人気なナンバーレスデザインということです

 

 

またリアルカードに設定されている暗証番号(PIN)は事前に決められているものを利用します

暗証番号の確認方法は

6gramアプリ>ウォレット タブ>リアルカード>リアルカード画像をタップ

こちらで確認できます

 

ちなみに重さは5グラムでした 笑

 

Google Payに登録できず

女の子, 悲しみ, 孤独, 悲しい, うつ病, だけで, 不幸です, 苦しみ, 女性, 若いです, 本, 青書

 

僕はネット上でクレジットカードの情報を利用するときはGoogle Payというアプリを利用しています

 

Google Payを利用することで複数のクレジットカードを安心して使い分けすることができるので、とても重宝しています

 

6gramでもGoogle Payを利用してQUICPay+(電子マネー)を使うことができるのですが、あくまで電子マネーの利用のみできるという話でした


f:id:keta_rpsr:20210627130256j:image

実際のスマホ画面はこちらです 

カード情報をGoogle Payに登録できませんでした

 

そのため仮にAmazonなどのネットショッピングでクレジットカードの情報を登録する場合はわざわざ6gramアプリを起動してカード情報を確認しないといけないという手間がかかります

 

やはり3Dセキュア非対応は不便

お金, カード, ビジネス, クレジットカード, 支払う, ショッピング

 

6gramは3Dセキュアに対応していません

 

そのためPayPayなどのスマホ決済に6gramを利用することができません

 

自分が確認した中ではPayPay、d払い、楽天Pay、Kyashは3Dセキュア非対応の6gramの利用はできませんでした

 

ぼくは普段スマホ決済をよく使うので、これらの紐付けができないのはとても残念です

 

VISAのタッチ決済は微妙... 

銀行, 事業, ボタン, カード, キャッシュレス, 商業, 信用, デビット, デバイス, 電, 設備

 

6gramのリアルカードはVISAのタッチ決済に対応しています

 

なのでリップルマークがあるお店ではカードを決済端末にかざすだけで決済ができるのでとても便利です

 

しかし6gramの場合、決済端末にかざしても「もう一度かざしてください」という表示がでて、再度タッチすると決済が完了するということが、たびたびありました

 

なんで正直VISAのタッチ決済よりも通常のカード挿入口にカードを差し込むタイプの支払いのほうが手間がないです

 

 

Kyashとの比較

 

最もシンプルなデザインのVisaカード Kyash Card - Kyash(キャッシュ)

 画像:Kyash

 

以前はキャッシュレス界隈で話題になったKyashと比較すると、機能面ではKyashのほうが勝っています

 

Kyashの機能を簡単にまとめると

・発行手数料900円

・カード表面のみナンバーレスデザイン

・3Dセキュア対応

・クレカとの紐付けで還元率0.2%(500円で1ポイント)

・VISAのタッチ決済対応

 (もちろん1回のタッチで決済できます)

 

実際約1年Kyashを使っていますが、デザインがシンプルで使い勝手がいいので現在も愛用をしています

 

 

結論:リアルカードの発行は不要

 

いかがでしたでしょうか

 

今回の内容をまとめると

 ・完全ナンバーレスのスケルトンデザイン

・Google Payに紐付けができない

・3Dセキュア非対応でスマホ決済に紐付けができない

・VISAのタッチ決済が面倒

 

このようになります

なので正直、発行手数料800円を出してまでリアルカードを発行する必要はないなと感じました

 

ですが、6gramをバーチャルの状態で利用するのはとてもいいと思います

 FeliCa対応のスマホを使うなら6gramは効率的にポイントが獲得ができるツールということが言えます

 

どうすれば効率的にポイントが貯まるかについてはこちらの記事で紹介しています

 

keta-rpsr.com

 


それでは、次回の更新もお楽しみに
Twitterフォローもよろしくお願い致します

 

>>Twitterアカウントはこちら

 

 

スマホ代を安くしたい人はこちら

KetaMoba|ケタモバ