Keta Pay |ケタペイ

キャッシュレス✕クレジットカードでお得に生活できる情報を発信してます!

イオンJMBカードとは? メリット、デメリットを紹介  ※年会費無料でJALマイルを貯めたい方におすすめ

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210305161359p:plain

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

今回は年会費無料でJALマイルが貯めることができ、イオンで買い物を良くする方は必ず持っておきたいイオンJMBカードについて紹介します

 

僕は以前一人暮らしをした際に近くにイオンがあったので当時はイオンJMBカードをもっていました(※現在は解約しています)

その時に受けた恩恵が多くありましたので、ぜひ参考にしていただけばと思います!

 

 

 

イオンJMBカードの基本情報

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

画像:イオンカード

年会費:永年無料

国際ブランド:VISA、MasterCard、JCB

基本還元率:0.5%(200円で1マイル)

貯まるポイント:JALマイル

 

 

 

結論としては

普段の買い物でイオンに行くことが多い

無料でJALマイルを貯めたい

この2点に当てはまる人はこのカードがおすすめです

 

メリット

 

年会費無料でマイルが貯まる

一番のメリットはこれです

通常JALマイルが貯まるクレジットカードは最低でも年会費2200円(税込)発生しますが、イオンJMBカードは年会費無料でJALマイルを貯めることが出来ます!

 

毎月20,30日で5%OFF

イオンのCMでよく流れている「はつ〜かさんじゅうにち ごぱーせんとおっふ♪」ってやつです 笑

毎月20、30日にイオンJMBカードで買い物をすると会計から5%オフになります

 

毎月5のつく日は2倍、10日はマイルが5倍貯まる!

普段は200円で1マイル貯まりますが、毎月10日なら200円で5マイル

毎月5がつく日(5,15,25日)は200円で2マイル獲得することが出来ます

 

緊急性が低い日用品や食料品などはこのタイミングでまとめ買いして、がっつりマイルを貯めるのもいいですね!

 

 

 

デメリット

 

マイル還元率が悪い

このカードの還元率は0.5%と低いです

通常のJALカードも還元率は0.5%ですがショッピングマイル・プレミアム(年会費3300円)を併せて申し込みをすることで還元率が1%になります

またJALカードは特約店で決済すると還元率が2倍になることができますので、還元率は最大2%まで跳ね上げることが出来ますがイオンJMBカードは対象外です

 

本気でJALマイルを貯めたい場合はJALカードの入会を検討することをおすすめします

 

JALカード特約店で買い物してもマイルは2倍にならない

 JALカード特約店とは決済をJALカードで支払いをすると、マイルが2倍になる店舗を指します。当たり前ですがイオンJMBカードはJALカードではないので特約店でカードを使用してもマイルは2倍になりません

(僕はそれを知らず特約店ばかりで買い物してました 結果はお察しの通り 泣)

 

旅行保険が付帯していない

 イオンJMBカードカードはマイルが貯まるから旅行保険が付帯しているものだと思ってましたが、国内・海外旅行保険は付帯していません

 

もし旅行保険が必要な場合は

年会費無料でもてるエポスカード、ブッキングドットコムカードがおすすめです

 

keta-rpsr.com

keta-rpsr.com

  

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回、自分が2年間イオンJMBカードを使ったなかで感じたメリット、デメリットを書いていきましたがいかがでしたでしょうか 

 

メリット

毎月20,30日で5%OFF

毎月10日はマイルが5倍、5のつく日は2倍貯まる!

年会費無料でマイルが貯まる

 

デメリット

マイル還元率が悪い

JALカード特約店で買い物してもマイル2倍にならない

旅行保険が付帯していない

 

  

近くにイオンがある方で、JALマイルを貯めたい人は是非持っておきたいカードです!

実際毎日の買い物や固定費の支払いをイオンJMBカードにまとめたおかげで、台湾便の航空券をゲットすることができました

 

ただしイオンが近くにない場合は還元率が低いため、あまりメリットはありません 

 

では、次回の更新もお楽しみに

Twitterフォローもよろしくおねがいします!

け〜た@ちょい得ブロガー🐼📱✨ (@keta_rpsr) | Twitter