Keta Pay |ケタペイ

キャッシュレス✕クレジットカードでお得に生活できる情報を発信してます!

キャッシュレス小話③|台湾のキャッシュレス事情 ※クレカは使えるが、ほぼ現金主義

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210221205808p:plain

 

こんにちは け〜たです!

 

今回は親日家で海外旅行で行きたい国ランキングNo.1、日本からの観光客も多い国

「台湾」のキャッシュレス事情について紹介します!

 

あくまで一旅行者の意見としてですが、

今後の台湾旅行の参考にしていただければと思います

 

 

 

台湾のキャッシュレス事情

新台湾ドル, 台湾ドル, 台湾ドル, 台湾ドル, 台湾ドル, 台湾ドル

台湾では中国とは違い、大きいデパートやショッピングセンター、コンビニで日本のクレジットカードが使うことが出来ます 

また日本からの旅行客が多い関係かJCB加盟店も多く存在します

 

しかしあくまで大規模もしくはチェーン展開している店舗に限定した話で、

あとはほぼ現金しか使えない印象です

個人でやっているお店や屋台は現金でしか決済ができません

 

しかし昨今の台湾では急速にQRコード決済に対応する店舗が増えはじめて、

これからどんどんキャッシュレス化が進んでいきそうです

 

悠遊卡(Easy Card)/一卡通(iPass)

「Easy Card」の画像検索結果  「ipass」の画像検索結果

画像:台湾ナビ

台湾の交通系ICカードです

EasyCardは台湾北部、iPassは台湾南部で主流なICカードですが、現在は台湾全土で使うことが出来ます

使い方は日本のSuicaと一緒で事前に指定の金額をカードにチャージすれば、その金額で電車やバスに乗車できます。 またコンビニやタピオカミルクティー店、お土産屋さんと幅広く使えます

 

LINE Pay

https://jtg.capsuleinc.co/hs-fs/hubfs/linepay.png?width=1500&name=linepay.png

画像:LINE Pay

日本でもおなじみLINE Payが台湾でも使うことが出来ます

ですが、銀行からのチャージ分は使えずLINEPayと紐付けしたクレジットカードで支払うといった感じです

ただ、使い方は日本と同じで

1.店員さんにバーコードを提示する

2.店舗で用意された専用QRコードを読み取り指定の金額を入力する

いずれの方法で支払いができます

 

しかもLINE Payに紐付けできるクレジットカードは

VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Clubいずれも可能なので、

クレジットカード非対応の店舗でもLINE Payで支払いをすれば、その分ポイントも貯めることができます

 

ですがまだまだLINE Payを導入している店舗はまだまだ少ないです

しかし日本でも馴染みがあるスマホ決済が海外でも使えるのはいいですよね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

旅行者として台湾に行く際は

現金>EasyCard、iPass>クレジットカード>LINE Pay

この認識で観光を楽しんでいただければいいと思います

 

基本は現金で管理して、必要に応じてEasyCardかiPass、クレジットカードで支払いをすれば大丈夫です

 

 

ちなみにEasyCardやiPassは台湾のコンビニで100〜150台湾ドルで絵柄やカードデザインが様々なものから購入できます

f:id:keta_rpsr:20210221125015j:plain

How to Taiwanより引用

 

日本の交通ICカードもそれくらい増えてくれればいいのに

 

それでは次回の更新もお楽しみに〜 

Twitterフォローもよろしくおねがいします!

け〜た@ちょい得ブロガー🐼📱✨ (@keta_rpsr) | Twitter