Keta Pay |ケタペイ

キャッシュレス✕クレジットカードでお得に生活できる情報を発信してます!

デビットカードのメリット・デメリットを紹介 ※現金派,節約志向ならこれがおすすめ

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210224102151p:plain

 

こんにちは け〜たです

 

僕が散々推しているデビットカードですが

皆さん実は1枚は持っているのではないでしょうか

昨今は銀行口座を開設したらキャッシュカードとは別にデビットカードを発行することが出来ます

 

てことで、今回はデビットカードのメリット、デメリットを紹介します

キャッシュレス初心者にもおすすめですので、ぜひ読んで頂けると嬉しいです

男, Atm, お金, 現金, 撤回します, カード, クレジット, 人, マシン, ファイナンス, 銀行

 

 

デビットカードの特徴

 

デビットカードは大きく「ブランドデビットカード」「J-debit(ジェイデビット)」の2つに分けられます

 

ブランドデビットカードはVISA、JCBなどの国際ブランドがついたデビット機能がついたカードです クレジットカードと同じように使えるので実店舗以外でもオンラインでも利用が使えます

 

 J-debit(ジェイデビット)は加盟店ならキャッシュカードで買い物ができる仕組みの名称です 

ですがJ-debit(ジェイデビット)は利用可能店舗が少ないので使うならブランドカードがおすすめです

(※今後はブランドデビットカードのことをデビットカードとして紹介します)

 

メリット

 

支払い後即時口座から引き落とし

デビットカードで支払いをしたらその金額がその都度、銀行口座から引き落としがされるので現金感覚で買い物ができます

 

審査不要で発行可能

デビットカードは基本的に審査が不要なので、未成年でも発行可能です

また即座支払いのカードなのでクレジットカードの後払いが嫌い、審査に不安がある方におすすめです

 

口座残高の範囲内で使えるので無駄遣い防止

デビットカードは銀行口座の残高の範囲で買い物ができるので、衝動買いを防ぐことができ無駄遣いの頻度を減らすことができます

 

 

 

デメリット

 

分割払い、リボ払いができない

デビットカードの支払いは一括払いのみの対応なので分割払い、リボ払いは利用不可能です

 

口座残高以上の支払いができない

クレジットカードなら利用限度額無いなら銀行口座の残高以上でも支払いが可能ですが、デビットカードは利用限度額=銀行口座の残高になるので残高以上の金額の支払いはできません

 

月々の支払いに使えない

基本的にはデビットカードは毎月発生する支払い(光熱費、通信費など)は対応していません

 

ポイント還元率、特典が弱い

 デビットカードのポイント還元率はクレジットカードと比べると低いです

またクレジットカードには独自に用意されている特典が存在されていますが、デビットカードはそこまでの優待が用意されていることが少ないです

あくまでデビットカードは支払いの手段として切り分けたほうがいいかもしれません

 

まとめ

メリット

  • 支払い後即時口座から引き落とし
  • 審査不要で発行可能
  • 口座残高の範囲内で使えるので無駄遣い防止

デメリット

  • 分割払い、リボ払いができない
  • 口座残高以上の支払いができない
  • 月々の支払いに使えない

なので普段遣いには最適だが、高額な買い物には不向きです

そのため

クレジットカード→毎月の固定費

デビットカード→普段の買い物

と使い分けすることをおすすめします!

 

ちなみに僕のおすすめは楽天銀行デビットカードです

詳細はこちら

keta-rpsr.com

 

 

次回の更新もお楽しみに〜

Twitterフォローもよろしくおねがいします!

>>>け〜た@ちょい得ブロガー🐼📱✨ (@keta_rpsr) | Twitter