KetaPay |ケタペイ

なるべくクレカに頼らないキャッシュレス生活を紹介!

Fitbit Sense,Fitbit Versa3がついにSuica対応に ただし定期、グリーン券購入はできない...

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210704065323p:plain

 

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

以前、Suica対応のスマートウォッチfitbit charge4 について紹介しましたが、つい最近 Fitbitから発売されているSense、Verse3がSuica対応するようになりました

 

ということで今回は新たにSuica対応したFitbit Sense、Fitbit Verse3について紹介します 

なお今回の記事はあくまでスマートウォッチの機能面ではなく今回新しく利用できるようになったSuicaのほうにフォーカスをあてて記事にしてみましたのでご了承ください

 

 

 

Fitbit payのSuicaについて

 

FitbitのスマートウォッチにはFitbit Payという独自の決済システムがあり、その手段のひとつにSuicaが搭載しています

 

Fitbitから発売しているSuica対応のスマートウォッチは、

・Charge4

・Sense

・Versa3

この3つです(2021年7月時点)

  


www.youtube.com

 

このCMのようにFitbitのスマートウォッチを決済端末にかざすだけで電車に乗れたり、買い物ができたりします

 

カードやスマホを探す必要がないので、

・傘やかばんで片手がふさがっている

・わざわざカードやスマホを用意するのが煩わしい

 

こうゆうときにFitbitは活躍してくれます

 

 

注意点 

 

f:id:keta_rpsr:20210704071101p:plain

画像 fitbit

 

fitibitのSuicaが対応していないサービスはこちら

 

銀行口座からの入金

再発行

デバイス交換時の残高移行

JRE POINTによる入金

定期券購入(バス定期も含む)

Suicaグリーン券の購入

ネット決済

エクスプレス予約

オートチャージ

 

まずチャージにつきましてはGoogle Payを利用したクレジットカードでのチャージ、駅の自動券売機もしくはコンビニでの現金チャージいずれかです

 

そのため銀行口座から直接FitbitのSuicaにチャージする方法はありません

クレジットカードもしくはデビットカードを事前に用意しておく必要があります

 

 

また、fitbitのスマートウォッチでは定期券の購入ができないので通勤、通学用ではなく、ちょっとしたお財布代わりとして割り切って活用する方が良さそうです

 

コンビニなどでのちょっとした買い物や、SuicaカードやスマホがなくてもFitbitのSuicaににチャージしておけば電車に乗ることができますのでいざという時は心強い味方です

 

 

Fitbit Sense,Versa3との比較

   

 

次に今回Suicaが使えるようになったFitbitのスマートウォッチ「Sense」「Versa3」について紹介します

 

カラーバリエーション

Sense :カーボン/グラファイトステンレススチール、

 ルナホワイト/ソフトゴールドステンレススチール

Versa3 :ブラック/ブラックアルミニウム

 ピンククレイ/ソフトゴールドアルミニウム 

 ミッドナイト/ソフトゴールドアルミニウム

 

画面の大きさ

Sense 、Versa3 1.58インチで、解像度336×336 有機ELディスプレイ

 

その他

Sense

  • PurePulse 2.0の心拍測定技術
  • SpO2(血中酸素濃度)センサー
  • GPS
  • 加速度センサー
  • 高度計
  • Bluetooth/Wi-Fi
  • マイク
  • スピーカー
  • 50m防水
  • マルチパス光学式心拍センサー
  • EDA(皮膚電気活動)センサー
  • 皮膚温センサー
  • Alexa搭載

Versa3

  • PurePulse 2.0の心拍測定技術
  • SpO2(血中酸素濃度)センサー
  • GPS
  • 加速度センサー
  • 高度計
  • Bluetooth/Wi-Fi
  • マイク
  • スピーカー
  • 50m防水
  • Alexa搭載

 

ぱっと見そこまで多くの違いは見分けられないですが、 2つの製品を比べるとFitbit Senseのほうが多機能であることがわかります

 

もちろんバンドは、別のものを付け替えることができます

 

 

 

バンドは別のものを付け替えることができます

 

 

コスパ重視なら、1万円台で購入できるCharge4がおすすめです

 

 

まとめ

 

いかがでしたか

今回の内容をまとめると

Fitbit Sense、Fitbit Versa3がSuica対応

支払いはカード、スマホが不要 時計をかざすだけ

クレカ、現金でチャージ可能

機能面ではVersaよりSenseのほうが優れているが、どっちもどっち

定期、グリーン券は購入不可

 以上です

 

以前公開したFitbit Charge4の使用感のレビュー記事はこちらです

keta-rpsr.com

keta-rpsr.com

 

 

ちなみに僕が利用しているFitbit charge4ではSuicaにチャージするだけで、1.5〜2.5%のポイントが獲得できてます

 

理由はコチラにて紹介しています 

keta-rpsr.com

 


それでは、次回の更新もお楽しみに
Twitterフォローもよろしくお願い致します

>>Twitterアカウントはこちら

 

 

スマホ代を安くしたい人はこちら

KetaMoba|ケタモバ