KetaPay |ケタペイ

なるべくクレカに頼らないキャッシュレス生活を紹介!

年会費無料クレカ対決!第2弾 楽天カード VS イオンカードセレクト 普段のお買い物でお得なのはどちらか

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210325131915p:plain

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

今回は前回から引き続き年会費無料クレカ対決の第2弾

楽天カード VS イオンカードセレクトを比べていこうと思います

 

楽天カードは日本で一番多く発行されている超有名なクレジットカードですね

楽天ポイントがザクザク貯まるので、クレカ初心者におすすめしたいですね!

 

今回迎え撃つのは大手スーパーの代表格であるイオンカードです

イオンカードにもいろいろな種類がありますが、

今回はその中で一番人気が高く、スタンダードのカードとされている

イオンカードセレクトを対戦相手にしてみました!

 

 

ポイント還元率

 

楽天カードの勝利

楽天カードの通常還元率1%(100円で1ポイント)、イオンカードでは0.5%(200円で1ポイント)貯めることが出来ます

さらに楽天市場で楽天カードを使うと還元率が3%まで跳ね上がります

またイオンやダイエイなどのイオン系列のお店でイオンカードを使うと還元率が1%までになります

ということで、還元率の高さは楽天カードが勝利です

 

ポイントの使いやすさ

 

楽天カードの勝利

楽天カードでは楽天ポイントが貯まります

楽天ポイントは街のコンビニやドラッグストア、レストランなど幅広いお店で使うことができます しかも1ポイント単位で使うことができるのでポイントが無駄になりにくいです

 

イオンカードセレクトではときめきポイントが貯まります

このときめきポイントですが1000ポイント500ポイント単位で利用が可能なのですが、逆にいうと999ポイントですと利用ができません

このようにときめきポイントに比べると楽天ポイントの方が利用店舗数も多く、1ポイント単位で使える利便性もあるので楽天ポイントの勝利です

 

デザイン

 

楽天カードの勝利

楽天カードは22種類のデザインから選択することが出来ます

しかしイオンカードセレクトは1種類のみなので、デザインの自由度は低いですね

 

付帯保険

 

ドロー

楽天カードには利用付帯の海外旅行保険がついていますが、イオンカードセレクトには付いていません

しかしイオンカードセレクトにはショッピング保険が付いていますが楽天カードには付いていません

 

それぞれのない保険内容でしたのドローとさせていただきます

 

ショッピング保険についてはこちらをご覧ください

keta-rpsr.com

 

 

節約

 

楽天カードの勝利

楽天カードは楽天市場に特価したカードです

楽天市場のでの還元率は3% それに加えて毎月0,5がつく日は+2%

お買い物マラソンでは最大+9%

その他楽天サービスをいろいろ使うことでSPUのポイントが貯まり還元率が上がるので10%以上のポイント還元も難しくありません

そのためお米や水などの重いものは楽天市場で購入すればザクザクポイントを貯めることが出来ます

 

イオンカードセレクトはもちろんイオン系のスーパーに特化したカードなので、これらのスーパーで買い物する際はお得だとは言えますが、WAONポイント2倍や5%OFFなど楽天に比べると還元率が悪くなるなと言った印象です

 

・普段の食料品や日用品→イオンカードセレクト(20,30日にまとめ買い)

・重たいものや普段買えないもの(スーパーで買えないようなもの)→楽天カード(お買い物マラソン+5,0のつく日でまとめ買い)

 

この様に使い分けをするのもいいと思います

 

まとめ

いかがでしょうか

今回の内容をまとめると

楽天カード VS イオンカードセレクト(1 引き分け)

楽天カードの勝利です

 

イオンカードセレクトはイオンで使うとお得でショッピング保険がついてることが魅力的なのは事実ですが、ポイント還元率やポイントの使いみちはやはり楽天カードのほうが普段の買い物には使いやすいのかなと個人的には思います

 

 

ちなみに僕はというとイオンゴールドカードが欲しいので、

しばらくはイオンカードセレクトを使い続けようと思います

 

イオンゴールドカードの旅行保険とショッピング保険はすごすぎる!

あとイオンラウンジ使えるようになりたい!(コロナのせいで休止中だけど)

 

詳しくはこちら

keta-rpsr.com 

 

お申し込みはこちら↓

 

 

それでは、次回の更新もお楽しみに
Twitterフォローもよろしくお願い致します

twitter.com