KetaPay |ケタペイ

なるべくクレカに頼らないキャッシュレス生活を紹介!

お財布を手放してスマホケースにカード3枚だけ入れて生活してみた→結果 何も困らなかった

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210719072330p:plain

 

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

突然ですが僕は普段お財布をもって出かけることがほぼありません

 

お財布の代わりに手帳型のスマホケースに

楽天銀行デビットカード

保険証

スポーツジムの入館カード

現金を入れずに、これら3枚のカードだけで生活をしてみました

 

そんな生活も早3ヶ月を越えようとしていますが、財布や現金がなくても全く困らないということがわかりました

 

今回はなんで普段はカード3枚だけで生活できるのかを語っていきます

 

 

 

そもそもキャッシュレス派だから現金はいらない

woman standing near monitor

 

そもそも普段の買い物ではSuica、デビットカード、PayPayといったキャッシュレス決済で買い物をすることが多いので、ほどんど現金を使うことはないです

 

いまの時代コンビニやスーパー、飲食店、自販機など至るところでキャッシュレス決済で買い物をすることができます  しかも僕が、現在住んでいるところはいわゆる首都圏内なので、お店の数も多いので買い物に困ることはありません

 

最近現金を使った買い物は月1回の散髪と街ブラでたまたまに見つけた銭湯くらいです それくらいなので月2回程度ですね

 

現金オンリーのお店に行かない

f:id:keta_rpsr:20210719062635p:plain

 

「これだけキャッシュレス決済に頼ってるなら現金のみのお店はどうするの?」

と思われる方もいると思いますが、現金支払いのみのお店はよほどのことがない限り利用しません

 

現金で買い物をすると家計管理の手間が増えて、小銭を管理する労力が発生するので、そんなマイナスを背負うくらいなら利用しないようにしています

 

ただし唯一例外として病院はキャッシュレス決済に対応していないところが多いので、しかたなく現金をおろし、支払いをしています

(せめてPayPayは導入してほしいです 泣)

 

 

割り勘はスマホアプリで完結 

 PayPay(ペイペイ) - QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

画像:PayPay

 

現金がないと困る場面の一つは割り勘です

 

普通なら現金で割り勘すると思うのですが、普段現金を持たない僕はどのように割り勘をしていると

 

①自分がまず料金を建て替えて、料金をもらう

②PayPay、pringのようなスマホ決済を使って割り勘する

 

親しい友人などではスマホ決済を使って割り勘する事が多いです

 

PayPay

スマホ決済の代表格である「PayPay」は、コンビニやスーパー以外にも、クレカや電子マネーが対応していない小さい店舗でも導入している店舗も多いので使い勝手がいいです

 

また利用人数も多いので「スマホにはPayPayが入れている」っていう人も多いので、PayPayで割り勘することが多いです

 

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

 

pring

皆さん、pring(プリン)というアプリは知っていますか

 これは割り勘に特化したアプリなんです

 

現金派の人はこのアプリをおすすめしています

 

pringの特徴はこちら

  • 数多くの金融機関と連携可能
  • 入金(チャージ)は1口座につき月3回まで無料
  • 銀行口座への出金は月1回無料
  • セブンATMへの出金も月1回無料
  • 利用登録は本人確認書類が必要
 
また、pringはPayPayのようにチャージした金額を買い物にすることはできますが、利用店舗数は少ないです
 
そのためpringは支払いではなく割り勘用として活用したほうが良さそうです
 
 
pring(プリン) - 送金アプリ

pring(プリン) - 送金アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

 

現金が必要になったらデビットカードで引き出す

blue cash machine

 

支払いの9割はキャッシュレスで支払いでできていますが、やはり現金を使わないといけない場面はでてきます

 

その時はデビットカードが活躍します

デビットカードはキャッシュカード一体のものが多いので、支払いだけでなくATMからお金を引き出すことができます

 

デビットカードのより詳しい特徴はこちらでご覧いただけます 

keta-rpsr.com

 

 

ポイントカードはスマホにまとめる

 

ポイントカードはスマホにまとめていますので、お財布にポイントカードを入れる必要がありません

 

Tポイントや楽天ポイントは独自のアプリがあるので、そこからバーコードを出して読み取ってもらえればいいですし、Google Payなどのポイントカードをまとめてくれるアプリを使えばよりスマートに買い物をすることができます

 

ただし、紙のポイントカードは発行しないようにします

 

紙のポイントカードはかさばるし、仮に一定以上のポイントが貯まっても還元率が低いので発行を遠慮することが多いです

 

 

いかがでしたでしょうか

自分はカード3枚が最低限必要だと思いますが、皆さんはどう思われましたか

 

お財布が少しでもすっきりできるヒントになれれば嬉しいです

 

関連記事

 

keta-rpsr.com

keta-rpsr.com

keta-rpsr.com

 


それでは、次回の更新もお楽しみに
Twitterフォローもよろしくお願い致します

 

Twitterアカウントはこちら

 

 

スマホ代を安くしたい人はこちら

KetaMoba|ケタモバ