Keta Pay |ケタペイ

キャッシュレス✕クレジットカードでお得に生活できる情報を発信してます!

キャッシュレス小話|銀聯(ぎんれん)って知ってる?→結論:中国旅行、留学には必須アイテム

この記事をシェアする

 

f:id:keta_rpsr:20210222113924p:plain 

こんにちは け〜たです

 

皆様がお持ちのクレジットカードにはVISA、MasterCard、JCBなどの

国際ブランドというものが必ずあります

その中でたぶん日本人が一番馴染みのない国際ブランドが銀聯(UnionPay)というものです

 

普段のテーマと少し外れた内容ですが、今回は銀聯について紹介します

 

 

銀聯カード(UnionPay)とは

f:id:keta_rpsr:20210126110954j:plain

画像:三井住友VISAカード

銀聯カードとは中国の金融企業である「中国銀聯」マークが付いているカードで、176の国と地域で利用することができます

 

中国では銀行の口座を開設すると銀聯デビットカードが必ずついてきます また中国では貧富の差が激しい為、クレジットカードが発行できない世帯にも使えるといったことが理由で銀聯の利用が爆発的に広まりました

 

実はVISA、MasterCardに次いで世界第3位の国際ブランドなんです 中華圏の規模の広さを実感しますね

 

日本で発行できる銀聯カード(UnionPay)

銀聯カードは日本でも発行可能です

発行可能なカードはクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードの3種類となります

①クレジットカード

f:id:keta_rpsr:20210126121639j:plain

画像:三井住友VISAカード

 

日本で発行できる銀聯のクレジットカードといえば「三井住友銀聯カード」です

年会費永年無料で発行条件が18歳以上のみですので、

これから中国留学に行かれる学生の方も十分発行を検討する価値がある一枚です

(コロナで厳しいかと思いますが😅)

ただしキャッシング機能はないので注意が必要です

www.smbc-card.com

 

②プリペイドカード

f:id:keta_rpsr:20210126121656j:plain

画像:NEO MONEY公式サイト

 

個人的に銀聯カードを作るならこれがおすすめ

NEOMoney(ネオマネー)は13歳以上で発行できる年会費無料、審査不要のプリペイドカードです しかもネット申込みが可能です

たぶん3種類の中で一番簡単に手に入れられるカードです

チャージ方法は①指定口座に振り込み②ネットバンキング③日本国内のATMで入金 この3つの方法があります しかもこのカードをつかって中国のATMから中国元が引き出すこともできますので例えば

・中国旅行中に銀行振込でチャージする

・親が振り込みを行い、留学中に子供がATMで中国元を引き出す

なんていうことも可能です

 

ICチップがないのでセキュリティ面で一抹の不安はありますが、このカードがあるのとないのとでは中国滞在時の安心感が全然違います

 

www.neomoney.jp

 

③デビットカード

f:id:keta_rpsr:20210126121714j:plain

画像:中国銀行公式サイト

 

中国の銀行で口座開設をすると銀聯のデビットカードを発行することができます

支店は東京、大阪といった大都市圏にしかなく基本的に来店しないと口座開設ができないといったデメリットがあります

また中国工商銀行の場合、年会費1100円かかることもデメリットのひとつです

www.bankofchina.com

www.icbc.com.cn

 

銀聯カードがおすすめな方 

https://images.unsplash.com/photo-1474181487882-5abf3f0ba6c2?ixid=MXwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHw%3D&ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1050&q=80

銀聯カードがおすすめな方はただ一つこれから中国で旅行、生活する予定がある人です

 

中国は超キャッシュレス社会かつVISA、MasterCardなどのクレジットカードが使えない場所が多いので、中国に行く前に銀聯カードを作ることをおすすめします

 

中国のキャッシュレス事情についてはこちらをご覧ください

keta-rpsr.com

 

いかがでしたでしょうか

普段手にすることが少ない銀聯カードでしたが、頭の片隅にでも入れていただければうれしいです コロナ明けに中国に行く機会がいあればせび銀聯カードの発行を検討してみてください

 

次回は、「楽天カードを発行するならアメックスは絶対NG」についてお話します 

お楽しみ〜